悪質・詐欺的プロバイダ営業の手口と対策 2015年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>

時代は変わり、勧誘手口も変わる・・・(前編)

今回は私のブログにしては珍しく、今後の展望を考えていこうと言う記事です。


突然ですが皆さん、今年になってから突然「ドコモ光」や「ソフトバンク光」と言う言葉を耳にする機会が増えていませんか??
もちろんその他沢山の事業者が同様の事業を行っています。

これがどんな物なのか、皆さん分かりますか?
NTTコミュニケーションズのOCNや、Yahoo!BBとは何が違うのでしょうか。

答えを先に言うと、今年の2/1から始まった「NTT東西の光サービス卸売」により生まれてきたサービスです。

基本的に、固定インターネット回線というのは、回線提供事業者プロバイダの二つを契約し、初めて使えるようになります。
回線提供事業者と言うのは、NTT東西(フレッツ光)やKDDI(auひかり)のこと。
プロバイダというのは、OCNやYahoo!BB、そしてMOUやToppa!のことです。


今までは利用者が回線提供事業者・プロバイダ双方と契約をしていましたが、これからは回線提供事業者は接続サービス事業者と回線利用の契約をし、利用者は接続サービス事業者とのみ契約することが可能になります。


 例を挙げます。(分かりやすいのでソフトバンクを例にします)

従来であれば、利用者は回線提供事業者(NTT東西)と回線(フレッツ光など)の契約をします。
そして同時に、プロバイダ(Yahoo!BB)とプロバイダ契約も結びます。

これが今後は、利用者は接続サービス事業者(ソフトバンクモバイル)とのみ契約をします。
そして接続サービス事業者はNTT東西と回線利用の契約をします。

利用者としては、契約が分かりやすくなると言うメリットがあります。
接続サービス事業者としては、回線と一体化する事により、プロバイダの様に簡単に変更されない様になりますし、幅広いサービスの展開が可能になります。



さて、なぜこのブログでこのネタを取り上げたのでしょうか。

もちろん、悪質なプロバイダの勧誘に、大きな影響を与えるからです。
MOUやToppa!は「プロバイダ」です。
つまりOCNやYahoo!BBからは変更できますが、回線と一体となったドコモ光やソフトバンク光からは変更できないんです。

ドコモやソフトバンクも、随分とややこしいプランや囲い込みで色々と言われていますが、はっきり言います。
例え悪名高いソフトバンクであっても、MOUやToppa!よりは数段マシです。

そして、この流れはプロバイダのみ運営の各社としては、大きな危機です。
だって、騙して変更する対象となる相手が、どんどん減っていくんですから・・・

もちろん、彼らがこのまま引き下がる訳はありません。
今後どんな事が起きていくのか・・・長くなったのでまた次回記載をする事にします。 >
スポンサーサイト
プロフィール

ジャック・スパイダー

Author:ジャック・スパイダー
現在横浜市在住。Web運営、携帯電話のサポート、ブロードバンドのサポートを経て、近々Web会社を起業予定。無知を利用した詐欺、親切心につけ込んだ強引な販売に嫌気がさし、少しでもそれを減らすために、ブログを開設。皆様のお役に立てるように致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。