悪質・詐欺的プロバイダ営業の手口と対策

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
>

国民生活センターに注意勧告

9月18日付けで、国民生活センターが注意勧告ページを掲載しました。

相談激増!遠隔操作によるプロバイダ変更勧誘トラブルにご注意


ここに掲載されている「相談事例」ですが、
まさに先日の記事(電話営業・電話勧誘の手口(MOU・Toppaと言うプロバイダにご注意を)
の内容そのままです。

【事例1】
大手電話会社からの電話だと思い、プロバイダ契約の内容変更を了解したが、そうではなかった
【事例2】
電話勧誘時に書面の交付を求めたが、拒否された。契約後に、書面が届いたが勧誘時の説明と契約内容が違う
【事例3】
通信料が安くなると言われてプロバイダ契約を変更したが、言われたとおり安くならない
【事例4】
電話でプロバイダ変更を勧誘され、よくわからないまま遠隔操作で変更してしまった


国民生活センターに寄せられる相談件数は、
今年度の9月時点で、既に昨年の一年間の件数に並んで居ます。
それだけ業者が激しい動きをしていると言う事でしょう。

世の中に様々なプロバイダがある事は全く問題ありません。
他社と比較して、自社をアピールするのもまあ良いでしょう。

ただ、あたかもNTTからの電話であるかのように装ったり、相手に考える隙を与えずに契約、後は解約金請求・・・なんて詐欺の様なやり方だけは許せません。

個人のブログの影響力なんてたかが知れますが、せめてgoogleで検索した人には必要な情報が提供出来るように頑張っていきます。 >

「設定は全部こちらでしますよ」の恐ろしさ

さて、みなさん「プロバイダの設定」と言うと、どんな作業を思い浮かべるでしょうか。

多くは回線工事の際に渡される資料やCD-ROMで設定したり、設定の人が自宅に来て設定すると思います。
一昔前には電気屋さんのパソコンコーナーには、各プロバイダの設定用CDが山のように置かれていました。

じゃあ、このブログで取り上げているプロバイダ達は、どうやって設定をするのでしょうか。
「電話で日時を決めて訪問?」「設定キットを自宅に郵送?」
そんな時間やコストのかかる事はしません。

だって時間を空けたら、実はプロバイダを変える必要が無い事がバレちゃうし、
ちゃんと知識のある人に相談されて、変更を止められちゃいますから。

彼らは詐欺同然の電話営業で契約を取り付け、その直後に遠隔操作で設定の変更をしてしまうのです。

プロバイダの設定は、分かる人には簡単な作業ですが、分からない人にはとても難解な作業です。
そもそも何の作業をするのかすら分かりません。

だから彼らは言います
「設定は全部こちらでしますよ」
「パソコンを起動して、最初に少しの操作だけで良いですよ」


なんて親切な人達なんでしょう(笑)
でもこれ、物凄く恐ろしい事をさせているんです。

彼らはまず「TeamViewer」と言うフリーソフトをパソコンに入れさせます。
このソフト、分かる人が使えば物凄く便利なソフトなんですが、分からない人は使う必要の無い・・・むしろ入れるべきではないソフトです。
これは遠隔操作される側に、遠隔操作する側の番号を入れる事により、遠隔操作をできるようにするソフトなんです。

これはつまり、あなたの両手を別の人の意志で操作されるのと同義です。

この遠隔操作で設定が変更されるのをただ見ている・・・もしかすると見ても居ないかも知れない。

突然電話をかけてきて、自らの身元も明らかにせず、詐欺同然の営業をかけてくる人に、そんな事はさせられますか??
私ならば絶対に嫌です。

プロバイダは大手ならば良いと言う物では無いですが、せめて身元のはっきりしている相手に頼む。
料金も対して変わらないんですから、そうするべきだと私は思います。 >

「安くなる」と言う言葉のカラクリ

前回の記事「電話営業の手口(MOU・Toppaと言うプロバイダにご注意を)」で、
電話営業をしてくるプロバイダの手口を紹介しました。

ここで一つ考えたいのは、彼らは「安くなる」と言っているが、
本当に安くなるのか??と言う事です。

結論を先に言います。
大半の人はプロバイダを変えても安くなりません

彼らの言い分はこの二つ
・大体みんな1500円/月の料金を払っている
・ウチは950~980円/月となる


確かに彼らの言い分通りならば、月々500~600円、年間では6000~7000円ほど安くなる計算ですね。
では、他プロバイダ料金を見てみましょう。
もちろんMOUやToppa!と同じ条件・・・つまりいわゆる「2年縛り」で比較をします。


まずは国内最大シェアのOCNから。
OCN.jpg


続いて2位を争っているbiglobeの料金。
biglobe.jpg


これはびっくり、ちっとも変わらないどころか、むしろ高くなる事もあるんですね。
つまり、彼らの言う事はウソなんです。
彼らは自分たちのプロバイダに関しては2年縛りを適用した料金で説明し、
他プロバイダに関しては2年縛りを適用しない条件で・・・
つまり自社に有利な条件で比較した物で説明しているんです。

でも、このウソをまんまと信じ、騙されてしまう人がたくさん居る。
何故でしょう。


理由は
多くの人は自分のプロバイダ料金を把握していない
と言う事に尽きます

多くの人は、インターネット料金を「全部で月額4000円くらい」と言う認識をしています。
この「全部で」と言うのがミソで、回線代・プロバイダ代・オプション料金を正確に把握している人は少ないのです。
彼らはそこにつけ込んできます。
「大体みなさん1500円位払っているんですよ、お宅もその位ですよね??」と言われ「多分その位」と言ってしまう。これが彼らの狙いです。


そしてもう一つ、決して無視できない要素が「違約金」の部分。
2年縛りで契約をして、途中で引っ越しをしたり、別回線に切り換える事になった場合は、必ず取られるのがこの違約金です。
この違約金、OCNでは最大9500円です。
Toppa!の場合も10000円、少しだけ高いですね。
でもMOUの場合は15000円・・・。5000円も余分に取られます。
月々の金額が変わらない上に、違約金だけは高くなるんです。

これを知って、わざわざマイナーなプロバイダに移りますか??
私は絶対に移りません。


もちろん、中には「ウチは実際に1500~2000円/月くらい払ってるよ」と言う人も居るでしょう。
でもね、そう言う人はわざわざプロバイダを変えなくても、今のプロバイダで2年縛りを適用すれば良いだけなんです。


はっきり言います。

彼らは急に電話をかけ、相手が準備できていない状態で話を進めます。
そしてあたかも安くなるかのような誤解を相手に与え、確認する間も与えずに契約を結ばせます。
契約を結んでしまえばしめた物、もしキャンセルと言われても割高な違約金を請求する・・・
キャンセルをされても、思いとどまらせても決して彼らは損をしないんです。

また、これは私の価値観ですが、これから何年も毎月お金を払い続ける契約を、書面での確認もサインも無いのに結ばせるなんて商売は、不誠実にも程があります。
本当に良い物であれば、他社と同じ条件で堂々と比較し、じっくりと客に選ばせるのが正しい商売のあり方では無いでしょうか。


もちろん、本当に魅力的だと思ったのならば、どんなプロバイダに移っても良いでしょう。
でも、せめて一晩はじっくりと他社と比較してから決めるべきですよね。 >

ごあいさつ

古くは有名なYahooによる街角でのモデム配布
そして最近はNTTやKDDI光回線契約やプロバイダ契約

世の中には詐欺に近い内容の契約を、巧妙に結ばせる業者が多々あります。

それに騙されてしまう方は
・高齢者
・パソコン初心者

(親切で相手の話を聞いてしまう)いわゆる良い人

です。


管理人自身は、今までにWebサイト運営、携帯電話のサポート、ブロードバンドのサポート、を経験しました。
それらの経験から、少しでもこれらの被害に遭う人が居なくなるよう、情報提供していきます。


悪質な業者にとっては、高齢者・初心者・良い人は、カモでしかありません。
どうかこのブログを読み、必要なネット契約は自分で選んで自分から申し込むようにして下さい。
(つまり訪問や電話での勧誘では契約をしない)


ネット回線、プロバイダの選び方についても、後々記事にしていきます。
ご不明点などあれば、お気軽にコメント下さい。 >
プロフィール

ジャック・スパイダー

Author:ジャック・スパイダー
現在横浜市在住。Web運営、携帯電話のサポート、ブロードバンドのサポートを経て、近々Web会社を起業予定。無知を利用した詐欺、親切心につけ込んだ強引な販売に嫌気がさし、少しでもそれを減らすために、ブログを開設。皆様のお役に立てるように致します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。